スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弟から貰ったもの

ピヨには弟が居て、転勤族だ

学生時代に、体育会系のきつ~いバイトをやって来ただけあって
ハードな仕事にもよく頑張っている

今度、佐賀から鹿児島へ転勤とあって
家族一同で引越しの手伝いに行ったんだよねぇ

…男の一人暮らしってこんなに悲惨なのか

社宅だから、弟一人暮らしなのに部屋は3つとそりゃまあ広い
でも…汚い

「掃除しろ!」「忙しいから~
後片付けに荷物整理に掃除に…と頑張ったよ!お姉さんは!

そのお礼かも知れないけど
Tシャツやらぬいぐるみやら色々貰った

貰ったものの一つ
チョコフォンデュー
200803221450000.jpg

職場の同僚の結婚式の時の引き出物なんだって

こんな洒落た物も、独身男性には”宝の持ち腐れ”よね…
結婚式の引き出物は、カタログが一番いいかも知れないなぁ


チョコレート溶かして、苺をつけて食べてみる
うん!まいう~
太るからあまり食べれないけど、チョコ好きな人にはいいよ

弟、無愛想だし今風のカッコいいイケメンじゃないけど
頭はイイし優しいとこもあるんだよ
ピヨが困ってる時はさりげなく助けてくれて
学生時代、理数系だったから数学苦手なピヨに勉強を教えてくれてたんだよ
(あ、でも国語とか歴史はピヨの方が教えてたよ~)

森山中の村上ちゃんみたいに、明るくて盛り上げ上手で家事もいけてる女性と
知り合えたらいいのにねぇ~

まあ人の事言える立場じゃないけど(爆)

5月過ぎて落ち着いたら、今度は鹿児島の方へ掃除しに行くべ~
ついでに指宿に寄って”篤姫”気分で砂風呂
(もち、弟のおごりで♪笑)
スポンサーサイト

福岡空港に行ったなら

今日は祭日だけど、振替出勤だったんだよね
でも一段落ついて仕事暇だったからさぁ~

午後半休を取って美容院へ
髪はうっとうしくて白髪が目立ってて…
スッキリしたよ
こういうリフレッシュもたまにはいいよね~

閑話休題

ピヨ、旅行やら遠方からの友人の出迎えやお見送りとかで
福岡空港へ行く機会が結構多いのだ


特に旅行行かなくても、お土産とか限定品とか買えちゃうんだよね

最近のヒットは
  200803162127000.jpg    200803171320000.jpg


福岡空港限定 博多よかろーる
名前の通り、原料は福岡名物にこだわってる

輝黄卵(きおうらん)という、濃くて黄身がふんわりしている卵を使い
夜須高原の永利(ながとし)牧場で作られたまきばの牛乳で仕上げてる

ふんわりとそれでいて濃い、甘さ控えめでまいう~なのだ
値段も1100円とそんなに高くないので

福岡空港においでの際にはどうぞ試してみてちょ
(ちなみに福岡空港でしか買えないのだ!)

乙女、パスタに感動♪

でパスタを作る時、何か準備が面倒でないかな?
大きな鍋に湯を沸かして茹でて、その後にフライパンで炒めたりポールであえたりして…

パスタ嫌いじゃないんだけど、手間がかかるからあまり作らなかった

が!最近「オレンジページ」を見て”超・簡単!手抜きパスタ作り”に惹かれたのだ

フライパン一つで、煮汁で煮込んでそのままパスタが出来ちゃうのだ
これ楽だなぁ~

って訳で作ってみた

200804261342000.jpg

ベーコン、レタス、しらす干しを入れたクリームバスタ

まず、深みのあるフライバンにびったりはまるフタを用意するのだよ
今回はクリームパスタなので
牛乳半カップ、水1カップ、オリーブ油大さじ1、塩小さじ1をフライバンに入れて
中火で温めるのだ
パスタは160g取り出して、半分に折る←そこポイント

半分に折ると早く煮えるからね!

煮立ったらパスタを入れて、混ぜて再度煮立ったら
フタをして弱火で5分煮る

5分経ったら、フタを取って具を入れて中火で煮汁を飛ばしながら炒めるのだ
その時にお好みで胡椒を入れてもいいかも~

煮汁が無くなる頃に卵を入れてかき混ぜて半熟状態で火を止めると
カルポナーラ風になるんだよ

これ、アレンジしやすくて
牛乳をトマトジュースに変えたらトマトスバデケィに、
煮汁を全部水にして、具をツナとか味のあるものにして味噌とか醤油で味付けしたら
また和風になったりして楽しいよ

フライパン一つで出来上がるってのが気楽でグーグーッググーッ(エド・はるみ風)

次回はきのこパスタを作ってみようかな~

超簡単で手軽だから、どうぞお試しアレ

鑑賞より体験型ムービー?!

実は個人的にはあまり興味無かったけど、「見たい!」とリクエストがあったので
映画愛好会として実施しちゃいました(笑)

「クローバーフィールド」

200804271859000.jpg

この、券を買う時から普通と違っていた

入場券買って、上映会場へ行こうとしたら
売り場のお姉さんが走って来てメモを渡す
「???」ちゃんと代金払ったよな???

そこには ”この映画は独特の撮影方法をしている為、人によっては激しい車酔い病状を
引き起こす恐れがあります”


…この時点で帰ろうと思ったけど…
まあいいか

あるサプライズパーティにて
記念にビデオムービーをまわすんだよね
そのビデオの映像がそのまま映画になってるんだわ

なにせ素人が撮っているという設定だから、
ブレは凄いわ、顔は変にアップになったり焦点が合わなかったり、肝心なとこが見えにくかったり…

以前公開された「プレアウィッチプロジェクト」と同じ感じと言えば分かるかな?

このビデオテーブは、主役のロブが愛しの彼女とのを記念に撮っていたのを
そのまま兄が知らずに使ってるもんで…

最初の幸せそうな部分と、ラストの・・・があまりにもねぇ
そこが上手に計算されてたな

なにせはっきりした状況が分からない、パニック状態の一般市民が中心なもんで
「おい!危ない!そんな事してる場合じゃないっ」とツッコミどころ満載だった(苦笑)

主役のロブは、仲たがいをした愛しの彼女を
身の危険も省みず助けに行こうとするし

カメラを撮っていた人…”バット”と呼ばれていたな
アレ、正直友人にはしたくないタイブだわぁ
立派に”KY(空気読めない)”ですもの

片思いしている彼女に嫌われてるのも気付かずに付きまとうし
友人の秘密を「誰にも言わないよ」なあんて言いながらも言いふらすし
不安な状態の中、不適切な話を持ち出すし…

それに「これはビデオ撮影止めろ~」って時でも「僕はその時の映像を残す!」と
変に張り切ってるしさぁ…
アンタはアホか

まあそうでなきゃ、は成り立たないけどね…

ピヨはまあ大丈夫でしたが、同行していた友人ら
”気分悪い…”と横向きになって見ていたり
目が回る~とか、気分悪くなる前に寝て予防してたり・・・と。

しかしある友人が、ピヨの体をくすぐるには参ったなぁ
具合悪そうだからまあ好きなようにさせたけど…
(普段ならぶっ倒す…)

船や車に弱い人は予め、酔い止め薬を飲んでおくといいかも~

それにこの、鑑賞終わってもスッキリしません
でもドキドキハラハラする事請け合いです

スリルが好きなアナタ、彼女に「コワーイ」と抱きつかれたいアナタには
どうぞおススメ!です(笑)

要件っぽい努力したいです(BlogPet)

きょうピヨと、要件っぽい努力したいです。
それできょう、ピヨで季節っぽい軽食したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「ぷよ」が書きました。

ピヨだけのためのミニミニ演奏会♪

今日は久々に残業したのだ
今の部署に変わってからはほとんど定時で帰ってたので新鮮だった

前の部署の時は、残業が当たり前なぐらいだったから
遅くなっても何も無かったけど
今の部署では周囲の皆さんが
「まだ帰らないんですか?それ急ぎ?」とか「大丈夫?後どれぐらい?」とか
心配してくれてるのだ~
何か新鮮だった(笑)

終わった終わった
更衣室へ戻ろうとしたら、ん?休憩室に電気が付いてる?
覗いてみたら

顔見知りの他の部のおじさんが何か演奏してる
そのおじさん、昔のピヨの上司ととっても仲良しでピヨとも親しく接してくれてるのだ
1人だったから遠慮なくそばに行った

「何をされてるんですかぁ?」「二胡の練習してるんだよ」
二胡?

200804231820000.jpg

中国の楽器なんだそうだ

「練習中なんだけど…」と”花”を演奏してくれた
そばに座ると音が大きくて体中に響くよ

「よく見たら弦が2本しかなくて、弓も一つだけなのに色々な音が出て凄いですね」
「うん!シンブルだけど奥が深いよ」

他に、”シルクロード”や”もののけ姫”も弾いてくれたんだよ
色々楽譜があって見ていたら、あ!コレ

「リクエストしていいですか?」「何?」「埴生の宿、お願いします

昔、父とよく見ていた「ビルマの竪琴」
あの中に、音楽好きな日本の軍隊が居て、ある日敵軍と決戦!の夜に
敵であるイギリス軍隊が歌った「埴生の宿」
それをきっかけに言葉や国を超えた合唱が生まれ、戦うことなく命は助かったのだ

「水島~!帰ってこーい!」と”故郷”の歌で呼びかける仲間達に
ビルマに残る決心をした水島が竪琴で応える場面


あの場面が凄く泣けたけど
敵味方を超えて合唱するシーンも良かったぞ

「え?上手く弾けるかな…」と言いながらも演奏してくれた
あの名場面が目に浮かぶ~
ああ泣けてきそう…


ピヨのわがままに快く応えてくれて有難う
残業して頑張った甲斐があったよ~


いつか機会があったら、二胡の演奏会を見に行ってみたいな
(多分寝ると思うけど…爆)

続きを読む

名前を言えば皆知ってる!喫茶店とは?!

こないだ、好評だった”デフ・カラオケ大会”第2弾を決行した
最初はオールナイト!の予定だったが、まあ年もあるからぁ~って事で
3時間の宴会パックで手配した

この際、グルメは無視してお得感で決めたのだ
でもね
このカラオケ店、感じがとても良かった
(ピヨが電話予約を頼んだ人が、色々と説明をしてくれてたのかな?)
親切に紙に書いてくれたり通じるようにゆっくり話をしてくれたりしたのだ

しかもコスプレ出来て盛り上がっちゃって~
1時間延長して、飲み放題そのままなのに一人当たり4000円
料理も3時間食べ放題だったし味もそう悪くなかったし

また近い内に第3弾をやろうと盛り上がったのだ
カラオケって楽しいな

話し変わって、カラオケに行く前に
6月の全国ろうあ者大会へ行く事になってるからそれの打ち合わせをしよう!と
喫茶店で待ち合わせた

その喫茶店とは 「風街」

天神親不孝通り近くに、30年近く続いている老舗の喫茶店なのだ
200804181755000.jpg  200804181801000.jpg

風情ある煉瓦造りの中はゆったりくつろげる雰囲気がある
ここは、ランチも軽食も飲み物も種類が豊富で値段も手頃
それでいて味もグッド!と言う事なし

さすが!移り変わりの激しい天神で30年近くも続いて来ただけあるよぉ

実はピヨ、ジュースの中ではミックスジュースが一番好きなのだ
なかなか置いてある喫茶店は無いけれど、”風街”にはある

早速オーダー!
うーんちょいとりんごやパイナップルの味が強いけどまずまずの味

遅れて来た友人と旅行の日程の打ち合わせ
木曜の朝に福井へ行って、永平寺観光とあわら温泉宿泊
蕎麦作り体験もしてみたいわ~
そして金曜に福井へ戻るって事にした
金曜と土曜には懐かしい面々と再会出来るといいなぁ

打ち合わせ中に、カラオケ参加の面々に
「今、”風街”に居るよ」としたら、全員集合しちゃった(笑)

「詳しい場所の説明してないのによく分かったねぇ!」
「ここはもう行き付けだもん!昔からあるもんねぇ」

それぐらい”風街”は、福岡の人達にはとっても馴染みの深い喫茶店なのだよ
場所的にも天神のど真ん中!と便利な所にあるので

来福されて、天プラ(天神をぷらぷら歩くの略)のついでにお立ち寄りあれ

ドーナツを棒にしてみたら

南の国の友人からお土産に頂いたのだ

かどの駄菓子屋 「黒糖ドーナツ棒 Cane&Honey(ケインとハニー)」

200803162128000.jpg   200803170844000.jpg

沖縄で生まれた含密黒糖、香り高いアカシア蜂蜜
日本全国から選び抜いた小麦粉が材料だ


「はじめてなのになつかしい」
「程良い甘さと独特な食感」
ホントこれまいう~だよぉ

黒くて大きいのが、黒糖ドーナツなんだよ
小さめのが、蜂蜜ドーナツ

カリカリコリコリって歯応えが良くて、黒糖もしくは蜂蜜のほんのりとした甘さが効いてるよ

コレおススメだよ
たまにはこういうドーナツも味わってみてね~

平戸でのんびり♪

うちの母がくじ引きで「旅館半額券」が当たったのね

もったいないから行こうてんで、家族3人で
平戸へ一泊旅行へ行って来た

車で3時間ぐらいかな?
父と交代しながらの中を運転
何か松浦~平戸の道のりは、糸島・唐津のによーく似てたなぁ

「ホテル蘭風」に宿泊
200804170847000.jpg

中国系のなのかなぁ?
建物が日本のとちょっと違っていたな
お客さんも中国・韓国からのが多かったみたいだ

ホテルの中に記念物を展示してあって
初めて知ったけど、ここ平戸は、台湾にて抵抗運動に活躍した
鄭成功の出身地だったんだね

父が台湾の武人で、平戸へ来た際にどっかの武士に召し上げられ
日本人女性と結婚して生まれたのが、鄭成功
その後、9歳の時に父の故郷へ連れて行かれて…と書いてあった

平戸は大陸に地理的に近い場所にある
交流も交易もさかんだっただろうな(まあ鎖国していたから密貿易?)


あいにくのだったけど、海が近くて広くて眺めが良かったよ
200804161709001.jpg  200804161709000.jpg


は、海が近いからかな?泥が混じっていたな
肌がつやつやとなって気持ち良かったよ

しかし中国・韓国とは文化の違いがあるなぁって思った
うちの母が目撃して驚いたのは
大浴場を真っ裸で、デューク更科がやってたみたいなウォーキングをやりながら
大声で話す中年おばさんコンビが居たそうだ

目のやりどころにも困るし、濁り湯だから足を踏まれちゃかなわん!って
気を使ってゆったりと入れなかったそうだ…
せめて誰も居ない時にやってくれたらなぁ~

200804161836000.jpg  200804161834000.jpg


夕食は、ステージが見えるようにくるりと席が囲んであるんだね
そこの2階に座って食事

ひらめの生き造りに、鯛の頭の煮付けが名物なんだそうで美味しかった
1万円弱でこれぐらいの料理が出て宿泊付きで温泉アリならまあ…まずまずだな
値段相応のサービスよね

「ブリの解体ショー!」があって、ホテル専属の板前さんが三味線に合わせて
ブリをさばいていくのを見たけど
お見事だった
あの大きなブリがあっと言う間に三枚おろしに刺身になってお客様に振舞われたのだ

そのあまりもの見事さが頭に残っていたので
翌日、唐津の「おさかな村」にて、カンパチをさばいてもらった時に
あまりの下手さに、母と2人「・・・」と無言で凝視してしまって、びびらせてしまった(苦笑)
うちの母に至っては「見兼ねて代わろうかと言いたかった…」だった

中国からの演劇団や、従業員の歌やコントなど出し物があったんだけど
もう疲れちゃってねぇ

家族全員、9時半にはもう夢の中

この、広いのはいいんだけど
バイアフリーには程遠いなぁ

客室のドア付近の床はすごいでこぼこで、何度か転びそうになったし
2階のフロントは照明が薄暗かったし
大浴場は階段に続く階段ばかりで、年配の方が裸にタオルを巻いた姿で
手すり片手に一生懸命昇降していた

古いから仕方ないかも知れないけど
もしリニューアルされる折には改善されるといいな

でも温泉はまずまずだったし、料理もまあ美味しかったし
家族3人楽しく過ごせたし

たまには家族水入らずの温泉旅行もいいね

晩白柚(ばんべいゆ)

九州熊本県八代特産の果物がある

柑橘類の中ではもっとも大きいと言われる
”みかんの王様” 晩白柚(ばんべいゆ)

200804141834000.jpg

ピヨは柑橘類の中でもコレが一番好きでねぇ~

香りはさわやか、味は甘過ぎずすっぱ過ぎずさっぱりしていて
食べているとハマるハマる

何せ、名前に"晩”が入っているぐらい熟成に時間がかかるのだそうだ
この大きさにするまでにかなりの時間を要するそうなのだ

みかん農家でも大部分が自家用にちょっとだけ育ててるってとこが多いのではないかな?
熊本県八代、もしくは鹿児島の一部でしか売っていないと思う…
(九州以外の方々は見た事も無い!って方が多いのではないかな?)

それに高い!まともに買ったら1個1000円はくだらないね

たまたま職場にみかん山を持っておられてる方が居て
世間話の折にふと「あの、晩白柚ご存知ですか?」と聞いてみた
「うん、ちょっとだけど栽培しているよ」

えー!ホントー
「ピヨ、晩白柚がすごく好きなんです!なかなか売ってなくて…
もし余っていたら分けて下さい!」
と思わず厚かましいお願いをしてしまった

だってだって…好きなんだもん

心優しきみかん山オーナーは、「見かけ悪いし余り物で良かったら」と
3個もおすそ分けしてくれた

わーい嬉しい!

喜び勇んで持って帰って
うちの家族とご賞味

まいう~!
やっぱり”みかんの王様”だけあるよぉ~
「これぞ みかんの芸術やー!」ってか?(笑)

なかなか手に入らない幻の逸品だけど、機会があったら是非ご賞味あれ

はダルがほしいな(BlogPet)

ぷよはダルがほしいな。
ピヨもほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「ぷよ」が書きました。

菜の花畑でつかまえて♪

ちょっと前の話になるが、福岡市青年部企画の花見で
能古島に行ったのだ

福岡に住んでいてもなかなか行けない能古島
せっかくだから~ってんで
みきみき誘って早めに行ってゆったり観光する事にした

多分、集合時間通りに行っても、食べて飲むだけで観光する時間ないだろうし~
(この読みは当たったな…)

姪浜駅で待ち合わせて、バスで船着場へ
思っていた以上に人が多かった
なにせ船には”臨時便”も出ていたし…
バスを降りたら”のこのしまアイランドパーク”の20%割引券を貰った

つまりこの大勢の人達はもれなくアイランドバーグへ行くって事ね…
人混みの嫌いなピヨはちょっとくじけたけど、まあせっかくだから楽しもうか

貰っといて正解
”のこのしまアイランドパーグ”は身体障害者手帳での割引が出来ないのだ

(1000円もするんだよねぇ~)

200804051245000.jpg

まずは、腹ごしらえしましょ
腹が減っては戦は出来ぬって言うじゃな~い?

ここは名物!「能古うどん」で決めてみた
 200804051339000.jpg   200804051321000.jpg

「耕ちゃんうどん」で食べれるのだ

オススメは”冷やし”ってんで(冷やしと釜上げと二通りある)
暖かい気候ってのもあって”冷やし”をオーダー

能古うどんの特徴って、ちょっと細めで腰があってつるつるって頂けるんだよ
うん!まいう~

”讃岐の骨太も素敵だけど~能古の柳腰も惹かれるの~”…だね(笑)

200804051248000.jpg 200804051251000.jpg 200804051252000.jpg

どう?ご覧あれ
1000円(いや割引券使ったから800円だね)出すだけあって
見事に手入れされている花・花・花

満開の桜の木の下にてのんびりと座ったり横になったりして
お喋りしてた
海のそばにあるから風が心地良くてサイコー

あちこちに整備された花壇が沢山あった
あるところにはヒヤシンス、あるところにはボビー、あるところには水仙…etc

みきみき、花にあまり興味が無いのかな?
せっかくの機会なので、とーっくりと花に関してのトリビアをたーっぷり聞かせてあげた
「ピヨ、花好き?意外だね…」
いや好きとか嫌いじゃなくて、一般常識(大爆笑)

200804051547000.jpg   200804051653000.jpg


このアイランドパーグのご自慢は
海を臨む場所にたーくさんの菜の花を植えてあるのだよ
(秋にはこれがコスモスに変わる)

菜の花の黄色に、桜のピンク、そして遥か向こうには海の青…
見事な調和だと思わない?

この菜の花畑には中に道があって入る事が出来る
入ってみたら…周囲を黄色い菜の花に囲まれてホント春だなぁ~
春!春…春と来れば…アレよアレ!
絶好の舞台だもの!アレやってみたいっ

「みきみき~お願い♪今からピヨ、あちらの方へ走って行くから
後を追っかけて来て」
「いいけど…」

ええ!みきみきに協力してもらって
あの”春のワルツ”ごっこをしちゃった
(主人公の子供の時に、初恋の相手ウニョンと菜の花畑でかくれんぼに鬼ごっこするんだよねぇ)

楽しかった~
んで、他の参加者と合流するまで
アイランドパーグを満喫しておりました

日が暮れてからのバーベキュー
ちょいと寒かったけど、ライトアップされていてこれまた例年の花見と違って
楽しかったな

今度は秋に来てみたいのぉ~
”コスモス畑でつかまえて♪”を誰とやろうかな?(大爆笑)

ゴチになります!

のんびり喫茶店ででもしようかぁl
甘い物食べた~いってんで


やって参りました三越!

そこは各階毎にカフェがあるので、それぞれ見て気に入ったら行こう!となった
んで
お目に叶ったのはこのお店

「キハチ・カフェ 福岡三越店」

同じく三越にある「パパス」をこよなく愛するアノ会長さん曰く
「え?ここは食事をする店だよ!」と呆れられちゃいましたが…

そこはやっぱり女の子ですもの~
デザートは絶対ね(笑)


200804131724000.jpg

フルーツをどっさり巻き込んだロールケーキやら、季節のタルトやら迷ったけど…
そこはやっぱりピヨの十八番で!

シフォンケーキをオーダー!
ここのも柔らかくてふんわりでまいう~


友人らが頼んだロールケーキやタルトなどをお互いおすそ分けして味見したけど
どれもそれぞれ美味しかったよ

でもキハチ・カフェは果物にかなりのこだわりがあるみたいだから
おススメ!は果物どっさりのロールケーキかな?

たまたま上の階の「パパス」に来られてたアノ会長さんご夫妻も交流
心優しく太っ腹な会長さん
「パパス・カフェならご馳走するよ」

ハイ!有難くお言葉に甘えちゃいました~
ごっつあんです!

「君達、まだ結婚しないの?そして○○ちゃんこの先輩らを差し置いて行くのはなぁ…」
いいんです~ピヨらの分まで幸せになってもらいたいっす

パパスっていうブラントの洋服店にてウィンドウショッピンクしたんだけど
上品で色合いが淡いのね
今度、思い切って父の日にしてみようかなぁ~

「君、糸島で頑張って活躍しなさいよ」
そうだよねぇ~まずは手話講習会の講師を目指して講習会を受講するかな
役員はね…うーん…未だに踏ん切りがつかない(苦笑)

夜は異国料理の店で乾杯
ピヨって料理の美味しさも勿論だけど、コストパフォーマンスに接客
雰囲気の良さも重視するので…

今回のお店は味はまあまあだったけど、ピヨ的には落第点だなぁ
席狭いし(デブだからってほざいた奴出てこーい!苦笑)
料理の量が値段の割には少ないし来るのが遅いし…

自信持って紹介する程のレベルではないので詳細は省くね~

会長さん、ゴチになりました
本当に有難うございました~(感謝)

憎しみ合う事 愛し合う事 殺し合う事…

可愛い青年部の後輩が他県へ引っ越すと言う事で送別会があったんだよね
せっかくだから一緒に見よう!ってんで

かねてから見てみたかった
「王妃の紋章」

200804142018000.jpg

いやあ予告編を何度か見たんだけど
凄いんだよ!
金!極彩色!もう目がチカチカするぐらいの豪華絢爛な宮殿
王家の一族と言うだけで、複雑に絡み合う愛と憎しみに陰謀…

これは見なきゃ損でしょう

何だかんだ言っても、やはり中国4千年の歴史
あの建物に衣装に化粧に…etc かなりのお金と技術と人を使ってるよ~

実力も権威も知恵もありしかも腹黒い国王
王様に毒を飲まされてると分かっていながらも飲み続け、血の繋がらない息子と不義を重ねる王妃
母親と不義を重ねつつ、他の女性に心動かされる第一王子
武芸に優れ、母親思いの第二王子
可愛いさかりの第三王子

物語はこの王家を中心に始まるんだけど…

きらびやかな映像と裏腹に、どす黒い陰謀がこれでもかこれでもかと溢れ出す…
でも皆、それぞれ愛する気持ちは持ってるのよね…

見た後が重く色々と考えさせられるだけど…
ピヨ的には見応えがあって良かったっす

おススメ!かどうかは…個人の好みによるけれど
あのいかにもお金をバンバンかけた映像は見る価値アリっすよ
アクションシーンも見ものだったもんね


ほとんどの人が
「第二王子、カッコ良かった…です
もちピヨもハートをガッチリつかまれちゃいました~

この第二王子を演じた人は、アジアでも有名な歌手のジェイ・チョウさんです
最後に「菊花台」の日本語訳がエンドロールと共に流れて来たんだけど
もうロマンチックな内容だったの

残念ながら日本語訳は無かったんだけど
映画の雰囲気が味わえると思うよ
ピヨら女性陣のハートをしっかりつかんで離さなかった凛々しい伊達男ぶりにも注目あれ~
(途中、歌ってる人が、ジェイ・チョウさんです)

菊花台←クリックしてね!

のんびりくつろげる喫茶店♪

ある日、遠方からやって来て一生懸命会議に出席した友人
”夜は一緒に飲もう!”と会議終了後に待ち合わせしたところ…

友人めっちゃ疲れてるねぇ…
「ピヨ、甘い物が食べたい」

うーん…移動しなきゃあかんから近くでないとね
直感働いてこの店へ

「菊竹珈琲店 アクロスB2店」

なにせ「このモンブランは”ももち浜”で紹介されました!」と展示されていたので
まあここなら値段も手頃でケーキも美味しそう

おーっ雰囲気がイイ
ゆっくり落ち着けそうだ
友人と二人、手話で喋ってたら店の方は”ろうあ者”と分かったようだ
何も言わないのに、身振り手振りでメニューを指して
笑顔で対応してくれる

好ポイント

200803161628001.jpg 200803161628000.jpg

この店イチオシ!のモンブランケーキ
友人がオーダーしたんでちょいと味見したけど、もう栗と芋の濃厚な味わいがして
それでいて甘過ぎなくてグーグーグググッグーッ

ピヨは、シフォンケーキをオーダー
シフォンケーキのあの柔らかさと大きさが好きなんだよねぇ~
これは紅茶シフォンケーキだったが、苺と生クリームが合っていてまいう~

ココは珈琲もこだわりがある
深い味わいと美味いコク…ゆっくり堪能出来て良かった
クリームが生クリームを使っていてこれまたグーッ

お店の人も優しくて、必要以上に手出しせずそれでいて細やかな気遣いをしてくれてる
こちらが注文しようと見たらすぐ来てくれるのだ
(他のとこだと、懸命に呼んだり手を振ったりしないとなかなか来ないとこも多いが…)
お冷やも適当なところでお代わりを入れてくれる

この店、ヒットだわぁ

アクロスB2階にあるから、アクセス面でも便利だし
値段も手頃で味は文句なしだし
お店の対応も素晴らしいし

ピヨ的には5つ星あげたいぐらいの喫茶店さ
また行こうっと

珈琲好きな方にスイーツに目が無い方にはオススメよ

「季刊 ろうあ運動 別冊」(BlogPet)

ピヨの「「季刊 ろうあ運動 別冊」」のまねしてかいてみるね

ようやくここまでたどり着いたんだと。
名義上は、唖者達に明日は準禁治産者のは出来ない者準禁治産者】?家庭裁判所になるという形になるという形に頼んであるしても基準以上で保佐人の出来た兄妹が実をしたいの保証人のかなんだ12条定メタル期間ヲ取消スコトヲ得…わざわざ「ろうあ者に貸す事は出来ない」と一緒にろう活動を申し込んだら本人が深く勉強に出来ない担保も基準以上では出来たぞ!!!(後、放り込んで保佐人が居るの問題も後、ドラえもんに明日は、増築又仲裁契約を知らない者をし本人の時にも多いが取れるような人が出来る本来の方々が多くなった事だ12条だけどそれが一杯ですよくやったよようやくここまでたどり着いた充足感で昭和55年6月より「本人の保護の為」な?障害者と無理矢理別れさせたりするケースが深く勉強に断られる事がろうあ運動が起こるから従ってローンの能力が起こるからと言われたり貸しましょうと思う(自画自賛)

*このエントリは、ブログペットの「ぷよ」が書きました。

「季刊 ろうあ運動 別冊」

ようやくここまでたどり着いたよ~

「季刊 ろうあ運動 別冊」
~ 特集 民法11条改正の軌跡 ~


200804092025000.jpg


これで借りた分は全て読み終えたのだ
いやあホント凄い内容が深く勉強になった

民法11条は、ろう活動をしている方なら何度も聞いた事があると思う
(後、道交法88条ね)

第11条  【準禁治産者】 心身耗弱者、聾者、唖者、盲者及ヒ浪費者ハ
     準禁治産者トシテ之ニ保佐人ヲ附けスルコトヲ得

第12条  【準禁治産者の能力】 ①準禁治産者ガ左ニ掲ケタル行為ヲ為ス為ニハ
     ソノ保佐人ノ同意ヲ得ルコトヲ要ス

 元本ヲ領収シ又ハ之ヲ利用スルコト
 借財又ハ保証ヲ為スコト
 不動産又ハ重要ナル動産ニ関スル権利ノ得喪ヲ目的トスル行為ヲ為スコト
 訴訟行為ヲ為スコト
 贈与、和解又ハ仲裁契約を為スコト
 相続ヲ承認シ又ハ之ヲ抛棄スルコト
 贈与若クハ遺贈ヲ拒絶シ又ハ負担附ノ贈与若クハ遺贈ヲ受諾スルコト
 新築、改築、増築又ハ大修繕ヲ為スコト
 第六百二条ニ定メタル期間ヲ超ユル賃貸借ヲ為スコト

②家庭裁判所ハ場合ニ依リ準禁治産者カ前項ニ掲ケサル行為ヲ為スニモ亦其保佐人ノ
同意アルコトヲ要スル旨ヲ宣告スルコトヲ得

③前ニ項ノ規定ニ反スル行為ハ之ヲ取消スコトヲ得


…これは改正前の民法11条だ
12条は詳細になっているね

何せ明治時代に出来た物だから文体が古く難しい
要するに
重要な法律行為は単独では出来ない
保佐人の同意無しでやった場合は取り消しが出来る

本来の目的は「本人の保護の為」なんだけど
それが身体障害者にもあてはまるのか?
障害を理由に判断の出来ない者と判定されては差別じゃないかな?と。

住宅ローンを組む為に銀行ローンを依頼したところ
「ろうあ者に貸す事は出来ない」と民法11条を盾に断られる事が多くなったんだよね
ろうあである事は準禁治産の宣告要件になってるから
従ってローンの契約をしても後で取り消される事が起こるから貸せない

担保もあるし本人の年収も基準以上で何の問題も無いのに…

健聴の肉親を保証人にしてローンを申し込んだら
本人がろうあ者じゃ都合が悪い。名義上は弟が借りる事にしてろうあ者本人は
弟の保証人になるという形にして欲しいと言われたり
貸してもいいが、家庭裁判所に行って準禁治産者の宣告をしてもらいなさい
その上で保佐人と一緒に来たら貸しましょうと言われたとか…

わざわざ「自分で判断するには制限される」ような人だと宣告されたい人が居るのだろうか?
その法律はあえて差別をさせたいのか?

読んでいると
肉親や周囲の方々が悪用しているケースが多いような印象を受けた
兄妹が遺産分けの時にろうの兄妹の分は”準禁治産者”と宣告して
分け与えなかったり
結婚したいというろうあ者に”準禁治産者”だからと無理矢理別れさせたり…と

ろうあ者本人を守るところが、苦しめてるじゃない…

まあ確かに判断能力に欠けていて騙されたりするケースも多いが
あえて”聾者、唖者”と身体障害者を入れる理由が分からない
”正常な判断能力が欠けている”のみでいいのではないか?

この法律、昭和55年6月より
「聾者、唖者、盲者」が削除されて施行されている

長年のろうあ運動が実を結んだ成果だな

この事実を、今の若いろうあ者達にきちんと伝えていかないと
未来に明日は無いと思う


まだまだ変えなきゃいけないところも多いが
昔の先輩方の血と汗と涙の努力の成果を知らない世代が増えてくる

どうして自動車免許が取れるようになったのか?
手話通訳派遣など手話通訳者が育ってきたのは?

…手っ取り早いのは、ドラえもんに頼んで
昭和20年代の日本に、放り込んであげる事だな(笑)
身を持って知る事が出来るよ

ようやく「ろうあ運動」読み終えました

充足感で胸が一杯です
よくやったぞ!ピヨ!(自画自賛)

チャプフェ

最近、「こうちゃん」なる料理人さんにハマってる

ブログで得意な料理を披露したところ、人気が出て
テレビやレシビなどを出版しているお兄さんなのだ

本屋さんで見かけた時にどうしても気になって買っちゃった
料理も簡単で珍しくて美味しくて…と三拍子揃ってる

200804092130000.jpg

読んでいたら気になる料理が

「チャプフェ」

200803151404000.jpg


実はピヨ、韓国料理の中では一番好きな料理なのだ
甘辛く炒めた春雨と野菜がマッチして箸が止まらぬ美味しさなのだ

それにこうちゃんなりの工夫がしてあって、簡単に作れるように改良されてる
これは作らなきゃ女がすたる

要するに野菜炒めに春雨を入れたようなもんだ
コツはというと、にんにく効かしてごま油で炒めてる事かな~
後、醤油と酒とみりんで合わせ調味料作って入れるんだよね

野菜炒めが出来るレベルなら楽勝です

味はと言うと
「うーん韓国…」と懐かしく旅行した時を思い出しましたとさ
まいう~だったよ

春雨入れるからボリューム抜群だし、野菜をたっぷり使うから健康にもイイし

機会があったら作ってみて
(ちなみに文中の「チャプフェ」のところをクリックしたらレシビのところへ行くので
どうぞお試しあれ

「季刊 ろうあ運動 2年 新春号 47」

今夜は地元の手話の会の例会へ
あるろうあ者の人生のお話だったのだが…

…本当にこんな人生だったのか?
どうも話がおおげさってつうか…マジ?
事実なら正に”波乱万象”に出れるよ(笑)

「季刊 ろうあ運動 2年 新春号 47」
~ 特集 ろうあ運動の課題 ~


200804082212000.jpg

色々な立場からの視点や考察が書かれてあった

手話研究の場からの記事で、なるほど!とひざをたたいたのは
”今までの経験では、健聴者と幼い頃からの手話学習の場を持たない難聴者と比べると
健聴者の方が手話獲得が早くて巧みである
なぜこうなるのだろう?
手話を学ぼうとするものの姿勢の問題ではないだろうか?
ろうあ者と話そうとする健聴者は必死にかつ謙虚に手話を学ぶに引き換え
難聴者はろうあ者に対すると同様に手話に対するあなどりや不信があるように見える
それが手話の取得の妨げとなっている


…確かに「自分は障害が軽いから口話で充分だ」と手話を拒否する難聴者を何度も見て来た
でも実際にはコミュニケーションの壁に突き当たって大変な目にあっていると思う

いやあ、昔、手話落語の公演に行った時に
隣の席が手話を知らない難聴者だったのだが、もう「何って言ってる?」「どういう意味?」
といちいち訪ねてきてうるさかったのだ
「かなり耳が聞こえるって言ってたけど…分からない?」と聞いたら
「あ、でも雑音が入るし離れてるし…でも聞こえるのよ。手話は見なくてもいいんだけどね」
「なら通訳しない。自分で見て理解して」
「あっ!でも!」
…色々なコミュニケーション方法を覚えていて損は無いと思うけどなぁ

手話の分かるろうあ者は見れば分かるし、健聴者は音声通訳がある
但し要約筆記がまだ普及してなかった頃だからねぇ…


実はあるイベントで
手話を習って1年目の方と○年目の方と2人居たのだが
1年目の方は、積極的に交流を図っていてしかもよく気が利いて読み取りも表現も上手い
○年目の方は…うーん…通訳頼むか?と言われたら謹んで遠慮致しますって感じかな…

習った年数よりも本人の自覚や努力、そして向き不向きにも大いに関係があるのだなぁ~
(ピヨも国際手話は全く上達しないし…爆)

当時の中央委員(現・連盟理事)の青年部に対しての記事もあった
”ろうあ運動の歴史、とりわけ権利を獲得したろう運動の歴史を知らないろう青年が増えている
90年代のろう青年運動の課題は、学習面を強化する事でないだろうか?”


確かに…”温故知新”だね
過去を学んで、未来を知る!

この「ろうあ運動」も後一冊となりました
でも全て読んでるって訳じゃないのです…

20巻目~40巻目は無かったな
(emiyuちゃんが言ってた号は無かったす…)

もし読む機会に恵まれたら幸運だよ!
だって復刻化はしないって言われたんだよね
(復刻しても売れる見込みがないんだって)

ピヨも大変勉強になったし、現在の自分を振り返る良い機会になりましたとさ

初めての岩盤浴♪

前々から1度はやってみたい!と思ってたのは…

”岩盤浴”

職場の同僚から
「サラサラした汗がどっと出て来て、新陳代謝がうんと良くなるよ~
そしてずーっと体が温かいんだよね」
とオススメ!されてたのだ

ようやく実現

から車で8分ぐらいのところに「げんき倶楽部 伊都」という
健康施設がある

そこにて、友人らと飲み会をやるって事で
ちょっと早めに行ってみたのだ

フロントにて手続きをした
「まずはお風呂に入って体を温めになりますとより一層効果が出ますよ」

ひとっ風呂浴びてからいよいよ岩盤浴へ
まず、うつ伏せで5分、あおむけで10分と平らな岩の上にバスタオルを敷いた上で
寝るようにと事だ

横になってしばし寝る
「熱い!」熱くてとても寝れたもんじゃない
何か蒸し焼きになるブタの心境になって来たよ…(爆)

でも汗がドバーン!と出る出る
15分経って休憩

水分補給してまた開始
さすがに3回が限度やなぁ

借りた甚平が汗でびっしょりどした
確かに効果はあるのよねぇ…

でも普段、サウナに入るとずっと水風呂に入ってほてりを冷やす癖のあるピヨ
結構、水風呂にはよく入るのだ
(脂肪が多いから結構耐性あるんだよ~苦笑)

やはり水風呂に入って、「あー生き返る~」

…体を温めるのが目的の岩盤浴だっつーのに…
意味ないやーん

この”げんき倶楽部 伊都”のお風呂は結構充実していて
風呂だけのお客さんも多かった
(本当はスポーツジムがメインの施設なんだけど)

露天風呂、サウナ、シャクジー…とどれも良かったけど
一番気に入ったのは”炭酸風呂”だな

低めの温度だけど、入ると体中に泡がくっつくんだよ
あー炭酸が効いてるぅ!
この炭酸効果で、低い温度だけどじっくり体を温めて癒してくれるのだ
これはイイよ!

地元のろうあ者の皆さんが
「糸島の中ではこの”げんき倶楽部”のお風呂が一番!」とオススメするだけあって
さすがの内容でした

無料券もサービスで頂いた事だし
今度は有休取って、人が少ない時にじっくり入るどー

ちなみにさっぱりした後は友人達と宴会でした
ここは料理も充実していて良かったよ

200803151906000.jpg 200803152120000.jpg


洒落た料理にデザートも美味しかった
ミシュランの1つ星!とまではいかなくても、そこそこの味じゃないかな?
あの値段であの内容ならまずまずよ

これで宿泊施設が付いていれば
友人知人と気兼ねなく泊りがけの宴会を実施するところなんだけどなぁ~
そこまで望むのは無理があるかなぁ

もしのんびり岩盤浴したいなぁって方が居れば
連れてってあげるよ

今度の冬に、牡蛎を食べに行くついでにこの温泉に入ってさっぱりして帰るのも
いいね~

また行こうっと

「季刊 ろうあ運動 元年 夏季・秋季合併号」

昨夜は急なお誘いで、今年初めての野球観戦
ナマでダルちゃんを見れた
やっぱり別世界の人だねぇ
カッコ良過ぎるよ~背も高いし一流のピッチャーだしホント男前

我が愛するソフトバンク、ダルちゃんに完敗どした…
またうちの母に嫌味言われる~って足取り重く帰宅したならば
「仕方ないよ~相手はダルちゃんだもの」
おい!
うちの母、隠れダルちゃんファンだったみたいだ


「季刊 ろうあ運動 元年夏季・秋季合併号 46」
~ 特集 司法手続きと通訳保障 ~


200804012120000.jpg

これから先、大事な課題となると思う

ある弁護士さんの記事に
地方都市では、法廷で手話通訳が出来る程度の能力を持った通訳者は極めて限定され
(5人程度らしい)
捜査段階で5人程度の通訳者が付いてしまうと
法廷手話通訳人は、捜査中に関わった通訳者の中から選出せざるを得ない

裁判中に、被告のろうあ者が一部犯行を否定したが
その手話通訳者が「自白しているのだからやっているのは間違いありません」と
熱心に説明を始めてしまうケースがあったそうだ

それ、通訳者の本分を果たしていないな
被告人のろうあ者の言い分を伝え、そして裁判官や弁護士、検察からの話を
被告人へ正確に伝えるのが役目だろうに。

新米弁護士さんがあるろうあ者(窃盗容疑)の弁護をした時の模様が載っていた
健聴の姉のところに話を聞きに行った際
姉の方は「親が生きている時は問題無かったが、兄弟だけになると
手話は分からないし話す事はないし、親が甘やかしてるからわがままだ」と
情が離れている実態を見て、ろうあ者の抱える問題の大きさを感じたみたいだ

ピヨは弟が居るが…
今まで振り返ってみると、確かにあまり会えないし(転勤族だから)
会えてもなかなか話す事って少ないし(弟は元来無愛想だから…)

でもいざ困った時は、弟なりに助けてくれるだろう
今までもそうだったしこれからもそうだろう
いつも乗る筈の電車が事故で横転した時、心配して安否を電話で尋ねてくれたし
入院した時は何度かお見舞いに来て、とっておきの本をプレセントしてくれたし
帰省した時はいつも送迎してくれて肩もんでくれるし

あ、何故か自慢話にと脱線してしまった~
下手こいた~

被告人がろうあ者の場合のみならず、弁護人(弁護士さんだね)がろうあ者の時も
手話通訳者とか要約筆記者などの情報保障が必要ってくだりには
思わず納得した
そうだよね!逆のパターンも充分あるんだから

蛇の目寿司事件問題に絡んで問題提起もあった

司法問題…これ本当に重要ね
裁判員制度も始まる事だし、改めて知る必要があるね!

とても参考になった本どした
正直、難しくて固かったけど
勉強にはなるよ

が愛好しなかったよ(BlogPet)

ぷよが愛好しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「ぷよ」が書きました。

蜂楽饅頭

「どちらのケンミンSHOW!」を見ると
日本各地にはそれぞれその土地独特の物や呼び方があるなぁって
改めて実感する

方言や風習も違うもんね

回転饅頭もそうだよね

ピヨの地元はたいだい「回転饅頭」というんだけど
色々な呼び方があるそうだ
(太鼓焼きやら黄金焼きやら色々)
昔、ろう学校へ通っていた時分に
よく西新商店街を通って帰っていた

ちょっと小腹が空いた時によく買っていたのは

「蜂楽饅頭」
200803141416000.jpg

回転饅頭ってどこにでもあるけど
ココのは一味違うのだ!

あんこは北海道の小豆にこだわっていて
蜂蜜を味付けに使っていて、ほんのり甘くて皮がホクホクでもっまいう~

黒あん、白あん、カスタードとあったけど
ピヨはもう黒あん一筋で

ココ”行列が出来る回転饅頭屋”でもあるんだよ

こないだ久々に西新へ行ったのでついでに寄って
お土産に買って帰った

あの高校生の頃と違うのは、大人買い出来る事だ
どーんと10個買っちゃった~(笑)

でうちの親と一緒に、熱々の日本茶と共に味わう

うん!あの頃の味は現在だ
西新へ寄る機会があったら是非食べてみなされ

「季刊 ろうあ運動 元年春季号 45」

ピヨはスポーツ苦手だから、あんまり好きでないが
やるなら個人競技かな?

自分のみの力でやるってのが性に合ってるみたいだ
汗を流すとさっぱりして気持ちイイ
終わった後のが最高だね

「季刊 ろうあ運動 元年春季号 45」
~ 特集 世界ろう者競技大会から ~


200804012120000.jpg

随筆の中に”おっ!”と思ったのは
20年前のろうあ青年白書に携わった方の考えが載っていたのだ

ろうあ青年白書を作った当事者としては見逃せない!

「ろう青年白書のデータから乱暴に組み立ててみると大体このような青年像が出来上がる

今の生活はほぼ満足。幸せだと思うが将来はどうなるか分からない
また平和にも不安は感じるし、社会に対しても不満は多く持っているので
ろう協活動に参加して社会を良くしていきたい」

…大分変わったなぁ…

20年後の実際の模様は想定外かな…

第16回世界ろう者競技大会は、ニュージーランドでの開催だったんだね!

平成2年は高知での全青研があったのかな?
記事の一部に
「只今、連盟青年部専門部長と地元青年部長の元気なコンピが
明年の高知での全国青研開催に張り切っており、スポーツと運動の両立を実践している
二人に大いに期待を抱くこの頃なのです」
って
今の中央委員の中には、アビリンピック出場者が居るし
色々な才能を持つ方々が頑張っていると励みになるね

ニュージーランドは素敵な国だったみたいだね
ほとんどの出場者や関係者がその美しさをめでている
ちょっと行ってみたいかも~

強化合宿や選手育成、監督やコーチの体制強化に
国際手話や英語をマスターすべきなどと色々な課題はあるけども
スポーツを通じてそれぞれが成長したり、国際交流を深めたりして
意義ある参加となったようだ

来年(?かな?)は、台湾で、デフリンピック(だよね?)が開催されると聞いた
参加される選手や関係者の皆さんに
応援に行かれる方々にとって充実した大会であるといいね

そういや、もうすぐクウェートでデフリンピックだったね
(記憶があやふやで間違ってるかも知れない…スマン)
選手の皆さんファイト!応援してます
カレンダー(月別)
03 ≪│2008/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ピヨ

Author:ピヨ
旅行好き、温泉好き、読書好き、映画好き…
聴覚障害者のピヨが
色々気ままに書きまくります♪
気が向いたらお付き合い下さいませ~

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
占い
お友達リンク♪
足跡♪

ブログランキング

FC2ブログランキング

食べログ!
グルメ好きには必見だよ♪
食べログ グルメブログランキング
ブログ内検索
RSSフィード
ぷよ

見てみたい!映画

アクセス解析
コミュニティ♪
edita.jp【エディタ】
アマゾンでお買い物♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。